OM Wiki

Technical Artist Wiki

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

asciidoc

Asciidoc

このページでは軽量マークアップ言語であるAsciidocについてまとめます。

表記方法

テーブル

「|===」で囲うとテーブルに変換される。「=」の数は「|==========」等、3つ以上であればテーブルに変換されます。

|===
|A|B|C
|1|2|3
|===
|==========
|A|B|C
|1|2|3
|==========

テーブルに行ヘッダーを付ける

行ヘッダーを付与するには、大きく分けて2種類の方法があります。

オプションを記述
[options="header"]
|===
|A|B|C
|1|2|3
|===

オプションの記述方法は%付きの表記でも可能です。

[%header]
|===
|A|B|C
|1|2|3
|===
1行目と2行目の間に改行を挿入
|===
|A|B|C

|1|2|3
|===

テーブルに列ヘッダーを付ける

列ヘッダーを付与するには、Colsオプションを設定します。Colsオプションはカンマ区切りで列のオプションを設定できます。 Colsオプションの演算、スタイル演算子は別表を参照してください。

1列目を列ヘッダー
[cols="h,d,d"]
|===
|A|B|C
|1|2|3
|===

“h”は“Header”のスタイル演算子です。“d”は“Defalte”のスタイル演算子です。

2列目を列ヘッダー
[cols="d,h,d"]
|===
|A|B|C
|1|2|3
|===

Colsオプションの演算、スタイル演算子

テーブルにColsオプションを追加することで、テーブル列のスタイルを設定できます。

スタイル   演算子 説明
Asciidoc a ブロック要素(リスト、区切りブロック、およびブロックマクロ)として表示する。
デフォルト d
強調 e イタリック体になる。
ヘッダー h ヘッダー設定になる。
リテラル l リテラルブロックとして表示する。
モノスペース m 等幅フォントで表示する。
強く s ボールド体になる。
asciidoc.txt · 最終更新: 2021/05/13 16:29 by ochiaimitsuo